リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  ダニにかまれて肉アレルギー?
2018.9.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

ダニの一種ツツガムシに咬まれると、赤肉(牛・豚・羊など哺乳類の肉)アレルギーを発症するおそれがあることが明らかになった。米国ウェイク・フォレスト・バプティスト・医療センターなどの研究。

ツツガムシは日本でも120種類以上が生息しており、野山・田畑・河川敷等に大量発生することがある。体長1mm以下と小さいながら厄介な虫で、咬まれると強いかゆみを伴う発疹ができる。ウェイク・フォレスト・バプティスト・医療センターの医師によると、ツツガムシは不快で迷惑なだけでなく、赤肉に含まれる糖鎖・α-galに対するアレルギー反応をまれに引き起こすようだ、とのこと。

過去5-10年ほど、同じくダニの一種であるマダニが同様のアレルギー反応をもたらすことが医学会に認知されていたが、今回、ツツガムシでも起こることが示唆された。

「患者さんが『夕食に赤肉を食べ、数時間後にアナフィラキシーを起こして目が覚めました』と話した場合、私はα-galのアレルギーだと推測します」と筆頭著者で医師のトライスター博士。「そういった症状がある場合、ふつう医師は、患者さんが最近ダニに咬まれたかどうかを訊ねます。ところが私たちは、患者さんが『ダニには咬まれていません。ツツガムシに咬まれただけです』と答えるケースに出会うようになってきました」

一般的なアレルギー反応は数分で発症するが、このアレルギーの原因物質である糖鎖α-galに対する反応は、3-6時間後と非常に遅い。もしα-galのアレルギーを持つようになってしまったら、唯一の対処法は哺乳類の肉を食べないことだ、とトライスター博士。

ウェイク・フォレスト・バプティスト・医療センターの症例研究に加え、ヴァージニア大学による報告では、α-gal アレルギーを持つ患者311人のうち、発症前にダニまたはツツガムシに咬まれた経験のあった人は301人おり、さらにその5.5%は「ツツガムシには咬まれたがダニには咬まれていない」と答えたとのこと。

今後の研究で、ツツガムシの消化管にもマダニと同様、α-galが存在するかを確認することが必要だ。また、アレルギー専門医はα-gal感作の診断において、患者のツツガムシ咬傷の可能性を念頭においてほしい、などとトライスター博士は話している。

出典は『アレルギー・臨床免疫学雑誌:実践』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  体重、血圧、コレステロール、血糖値の大きな変動が心臓発作や脳卒中のリスクを高める?  
  痛風の主原因は、食生活ではなかった!?  
  ビタミンDを低下させる遺伝子は骨折リスクを高めない?  
  オメガ-3系脂肪酸が心不全患者の抑うつ症状を改善する:臨床試験  
  2型糖尿病に関連する心血管疾患は有意に低下できる  
  健康な脂肪細胞が糖尿病から肥満を解き放つ  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報