リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  オメガ-3系脂肪酸が心不全患者の抑うつ症状を改善する:臨床試験
2018.9.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

血中のEPAとDHAレベルが、心不全患者の(精神的な)抑うつと関連しているようだ、という米国デューク大学等からの研究報告。

研究チームは、この予備的研究において、108名の心不全患者に対して、オメガ-3系脂肪酸の抑うつに対する効果を調べるランダム化プラセボ(偽薬)対照試験を実施した。

参加者は、次の3群のいずれかにランダムに振り分けられた。1)1日2g のEPA/DHA(2:1)サプリメント、2)1日2gの高用量EPA、3)プラセボ、である。

その結果、オメガ-3インデックス(赤血球中のEPA、DHAレベル)は、1)で6.79%、2)で6.32%に達した。3)プラセボ群は4.61%だった。

健康関連のQOLを測定するSF-36の社会的機能サブスコアは、プラセボ群に対してEPA/DHA群で有意に改善された(5%水準)。EPA単独群では改善傾向がみられた。

オメガ-3インデックスは、精神的抑うつ症状と有意な関連を示した。すなわち、オメガ-3インデックスが高いことと、精神的抑うつスコア(ベック抑うつインベントリ--II)が低いことに関連が見られた。

本研究は予備的研究であり、対象者数が少ないため、弱い関連しか見出されていないこと、別のいくつかの抑うつスコアとの統計的に有意な関連は見出されなかったことを著者らは指摘している。

出典は『米国心臓学会誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  代謝を遅くし、心血管疾患を加速する腸の特殊な細胞  
  「不健康な」ショッピングセンターは高血圧の客が多い?  
  シフト勤務は不健康な生活習慣の糖尿病リスクをさらに高める!?  
  免疫系はどのようにがんから腸を守っているか  
  減量のペースは「速め」「ゆっくり」どちらが良い?  
  心臓の健康に関しては、すべての飽和脂肪が等しいわけではない?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報