リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  脂肪が組織に入るのをブロックする方法
2018.9.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

脂肪が組織内に輸送されるメカニズムを特定し、それを変えることで高脂肪食による肥満を防止することが可能であった、という米国イェール大学などによる研究報告。

腸内で食事由来の脂肪はカイロミクロンという微小粒子に封じ込められ、これが乳糜(にゅうび)管と呼ばれるリンパ管を介して体内の様々な部位に輸送される。先行研究から、血管内皮成長因子A(VEGF-A)の産生を阻害して乳糜(にゅうび)管の成長を抑制すると脂肪の組織への輸送が抑えられることが示唆されていた。

研究チームは、2つのVEGF-A受容体が阻害されたマウスに、高脂肪食を与えたところ、体重が増加しないことを確認したという。正常マウスは同じ条件で体重が元の2倍に増加した。

2つの受容体が阻害された状態では、カイロミクロンがリンパ管から流出しなくなり、組織への脂肪の量が減るのだろう、と筆頭研究者のフェン・チャン博士は説明している。

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  特大の食事は肥満の要因であることが示される  
  院内食堂の低コストの変更で、スタッフの食事がより健康的に  
  幸せは野菜・果物が作っている!?  
  「社交的」脳回路が活性化されると摂食行動が阻害される  
  カフェイン入り飲料+ハードな運動+猛暑=腎臓病リスク?  
  揚げ物は高齢女性の死亡リスクを高めるかもしれない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報