リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊娠中の魚油サプリメントは、子供の6歳時の除脂肪体重、骨量と関連?!
2018.9.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

母親が妊娠後期に魚油サプリメントを摂取すると、子供の6歳時のBMIが高いようだ、というコペンハーゲン大学等からの大規模ランダム化比較試験による報告。これは、脂肪量だけの増加ではなく、除脂肪体重と骨量の増加によるという。

動物実験では、妊娠中の食事へ魚油添加は、脂肪生成に影響を及ぼすことが示唆されている。しかしながら、ヒトにおいては、妊娠中に魚油の高摂取が、高出生体重児出産につながると示唆されているが、その後の子供達への影響は不明である。そこで、妊娠中の魚油サプリメント摂取が、子供の成長と体組成に与える影響を調査したという。

研究では、喘息に関するコペンハーゲン前向き研究において、736名の妊婦を対象とした。妊娠24週から出生後1週間まで、@n-3長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)(魚油)またはAオリーブ油(対照)を摂取した。

結果は、身長、体重、頭囲、ウエスト測定値を、出生から6歳まで、11回評価したところ、1歳から6歳まで持続的にBMI高値を示したという。体組成は、3.5歳時および6歳時に二重エネルギーX線吸収スキャン(DXA)を用いて評価し、BMI高値は、脂肪率が高いのではなく、除脂肪量、骨量、脂肪量の比例的増加であることを実証した。6歳時、DXAスキャンでは、魚油サプリメントを摂取した母親の子供は、対照の油を摂取した母親の子供と比し、総体脂肪量は395g、除脂肪量は280.7g、骨ミネラル含有量が10.3g、脂肪量が116.3g高かった。

「魚油サプリメント摂取した母親の子供は、6歳時の体組成が、除脂肪、骨、脂肪の量の比例的増加を特徴とし、一般的な成長刺激効果を示唆している」と研究者らは、結論付けている。

出典は『英国医学雑誌(BMJ)』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  超早産児の栄養と成長を最大限にする方法  
  妊娠中の高グルテン食は子供の糖尿病リスクの上昇につながる!?  
  科学的見地からみた母乳哺育:論文特集  
  妊娠中の低蛋白食は子孫の前立腺がんリスクを増加させる  
  成人対象のプログラムは早期小児肥満の予防に有効ではない  
  母乳成分がノロウイルスを制御するための戦略を示唆  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報