リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  苦味感受性とがんリスクの間に見られるリンク
2018.8.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

高齢の英国女性において、苦味に対する高い感受性は、高い発がんリスクと有意に関連しているようだ、という米国ペンシルバニア大学からの研究報告。

研究チームは、5,500名の女性の食事、生活習慣、健康を20年以上にわたって追跡調査した。苦味に対する感受性としてフェニルチオカルバミド(PTC)を感じる能力を指標とした。これは苦味受容体の特異遺伝子TAS2R38の変異に関係いる。

英国女性コホート研究は、1995年にリード大学の栄養疫学者らが開始したもので、食事と慢性疾患、特にがんとの関係を明らかにしようというものである。研究では最初35,000名の中年女性を対象に開始された。がんの罹患データは、英国国民健康サービス中央レジスターから得た。

研究チームは女性の食事を、開始時に実施した217項目からなる食事摂取頻度調査票から解析した。研究チームは、苦味感受性の高い女性は、野菜の摂取量が少なく、がんの罹患率が高まるだろうと予測した。

苦味に対する感受性と野菜の摂取量には関連は見られなかったが、苦味に対する感受性はより高いがんの罹患リスクと関連することが明らかになった。

「最も苦味感受性の高い女性と最も苦味感受性の低い女性のがん罹患率の違いは衝撃的なものだった。非感受性者に比べて、超高感受性者は、がんの罹患リスクが58%高く、高感受性者は40%高かった」と主任研究者のジョシュア・ランベルト准教授は語っている。

けれども、この分析においては、高感受性者は期待したような食品選択をしておらず、高いがん罹患リスクをそれで説明することはできなかった」とランベルト准教授は指摘している。

出典は『欧州栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  母乳育児は脳卒中から女性を保護する可能性がある?!  
  女性の健康な細胞老化に関連した健康的な食事  
  大豆ダイエットは女性の骨強度を高める  
  果物や野菜の摂取量が多いと乳がんリスクは低下するかも  
  ビタミンDが妊娠中の高血圧を予防するという証拠はない  
  男性はショートカットを、女性はよく知られたルートに従います  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報