リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  ストレスによる心身へのダメージ、食物繊維で軽減か
2018.8.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

食物繊維の豊富な食事が、ストレスによる腸や脳へのダメージを軽減する可能性が明らかになった。アイルランド・ユニバーシティ・カレッジ・コークの動物実験から。

ストレスは健康上の重要な懸念であり、腸や脳において大きな変化を引き起こすおそれがある。それはやがて行動の変化に及ぶ可能性もある。

近年、腸内細菌とストレス関連疾患(不安感、うつ病、過敏性腸症候群(IBS))との関係について関心が高まっている。腸内細菌は短鎖脂肪酸を産生するのだが、これらは脳や腸の細胞の主要な栄養となる。なお、穀類や豆類、野菜類といった食物繊維を豊富に含む食品は、短鎖脂肪酸の産生を活性化させるとされている。本研究では、短鎖脂肪酸の導入によりマウスのストレスや不安様行動のレベルが軽減することが発見された。

ストレスが長期間に及ぶと、腸の内部と身体の他の部分のバリア機能を弱め、「漏れやすい」状態になることによって腸に影響するおそれがあるという。漏れやすくなった腸の壁からは、消化不良の食物の粒子や細菌などが通りぬけて血液中に入り、持続性の炎症を引き起こす。ところが、短鎖脂肪酸を用いた治療により、この「漏れやすさ」を改善できる可能性が見えてきた。

腸内細菌をターゲットとした、ストレス関連疾患に対する食事療法が人間に応用できることが期待されている。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  プロバイオティックなバチルス属細菌が黄色ブドウ球菌を排除する  
  植物ベースまたは完全菜食は、2型糖尿病の管理に適している!?  
  ほとんどの原因による死亡に関連する肥満指数(BMI)  
  コーヒーからのカフェイン摂取と酒さのリスクの低下に関連  
  乳脂肪の摂取が2型糖尿病のリスク低下に関連  
  20代の肥満は寿命を縮めるかも!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報