リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  ケトジェニックダイエットは、2型糖尿病のリスクを増加させる可能性がある?
2018.8.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

低炭水化物高脂肪の食事プランとして減量に有効であるといわれるケトジェニックダイエットは、食事の初期段階で2型糖尿病のリスクを高めるかもしれない、という研究報告。

2型糖尿病は、世界中で増加が懸念されている病気だが未だ完全に解明されているとは言い難い。ケトジェニックダイエットは、低炭水化物高脂肪を特徴とし、減量に有効であるといわれているが、今回の研究のように、健康への悪影響の懸念がしばしば報告されている。

インスリンは、血液中に放出され、肝臓に糖の生産を止める信号を送るなどの仕組みで血糖値を制御する。もしこのシステムに障害が起こり、インスリンに身体がうまく反応しなくなれば(インスリン抵抗性)、高血糖状態が続くようになる。

研究チームは、ケトジェニックダイエットにおいて、まさにこのシステムが障害され、肝臓におけるインスリン抵抗性が起きることを示した。肝臓が通常濃度のインスリンに反応しなくなると、血糖値が高まりそれは2型糖尿病のリスクを高めることになる。

スイス・チューリッヒ工科大学による本研究は、マウスに2種類の食事(ケトジェニックダイエットと通常の高脂肪食)を与え、肝臓にインスリン抵抗性が起きるかどうかを検討したものである。研究チームは、そのために特別なプロシジャ−を開発して、インスリンに反応して起きる肝臓の糖生産と筋肉の糖取込みを測定した。

ケトジェニック食群のマウスは一見健康な状態に見えたが、実際には高脂肪食群よりも、グルコース不耐性の発現が急激だったという。その原因は、グルコースの血中からの除去に障害が起きるためではなく、インスリンによる肝臓のグルコース生産の抑制が弱まる(インスリン抵抗性の発現)ためであると思われた。

重要なことは、本研究では食事が長期にわたった場合に肥満を起こすかどうかは調べていないことであるという。全体のプロセスの背後にあるメカニズムも分かっていない。したがって、両群のメカニズムの違いについては更なる研究が必要である。

「糖尿病は我々が直面する最大の健康問題のひとつである。ケトジェニックは健康的であると言われているが、我々は、このタイプの食事が2型糖尿病につながるインスリン抵抗性のリスクを高める可能性があることを示した」と主任研究者のクリスチャン・ウォルフルムはコメントしている。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  乳製品の摂取は、心血管疾患、死亡率の低下と関連?!  
  「長寿食」の常識が変わる?  
  脂肪が組織に入るのをブロックする方法  
  女性と男性は、低カロリー食から異なる恩恵を経験する  
  「朝食遅め・夕食早め」で体脂肪が減りやすい体に?  
  小さな食器はダイエットの助けにならない?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報