リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  「身体に良い食べ物」を再チェック
2018.8.2 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

豆類・きのこ・コーヒー・茶はやっぱり身体に良い?食べ物の健康効果に関しては様々な説が存在し、論争が起きるというのはよくあることだ。身近な食品について、米・国立ユダヤ医療研究センターが多くの研究例をまとめて健康効果の検討を行った。

「現在の栄養学的勧告では、心臓のためには野菜・果物を豊富に摂り、全粒穀物とナッツ類を適度に、と示されています。しかし、乳製品、糖の添加、コーヒーやアルコールなど、答えの出ていない食品群はたくさんあります」と研究者のフリーマン博士は話す。

たとえば、低脂肪の乳製品が血圧を有意に下げる可能性があるとされる一方で、乳製品とLDLコレステロールの上昇や骨折、全死因死亡率との関連性を示す研究がいくつもあるのだ。専門家の間でさえ明確なコンセンサスがないのだが、複数のメタアナリシスを再検討してみたところ、乳製品にはビタミンやミネラルの供給源である一方、飽和脂肪や塩分も多いことから摂り方に注意すべきとしている。

今回検討を行った食品は以下の結果となっている。

<心血管の健康に良い食品>
・豆類、コーヒー・紅茶(砂糖・ミルク無し)、植物性または海産物由来のn-3系脂肪酸、アルコール※、きのこ、(菜食主義者において欠乏しやすい)ビタミンB12

※少量〜中程度のアルコールは心血管疾患のリスクを下げるが、特定のがんと肝疾患リスクがあるため、心血管に良いからといってアルコールを摂取することは推奨されない。

<心血管の健康に良くない、または量を制限すべき食品>
・砂糖・高果糖液糖の入った食品(冠動脈性心疾患、脳卒中、アテローム血栓性心血管疾患の悪化リスク上昇)
・エナジードリンク(血圧上昇、血小板凝集、不整脈リスク)

<エビデンスが不十分な食品>
・乳製品、発酵食品、海藻

参考:同研究チームは2017年にも同様の論文を発表しており、今回の論文はその第2弾との位置付けだ。ちなみに第1弾で検討された食品の中で、心血管に良いとされたのはエキストラバージン・オリーブオイル、ベリー類、ナッツ類、植物性たんぱく質であり、良くない、または量を制限すべき食品をココナッツ油、パーム油、卵、繊維分を取り除いた野菜・果物のジュース、油脂を使った食品、加工肉類、加糖飲料としている。また、エビデンスが不十分な食品としてひまわり油などの植物性油、高用量の抗酸化サプリメント、繊維分を除去していない野菜・果物のジュース、グルテン含有食品が並んでいる。

●前回の研究論文はこちら↓
http://www.onlinejacc.org/content/69/9/1172

出典は『米国心臓学会誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  過去40年間、中国の塩分摂取量は世界一高い  
  スラリとした大人でも300kcalカットで心臓をさらに保護します  
  「交通信号」の食品ラベルは病院の食堂で購入するカロリーを減らす  
  食事の質は腸内細菌の種類を変える  
  宇宙でも筋力を維持する栄養素  
  栄養サプリや食事療法がいつも保護的とは限らない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報