リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  中年期のフィットネスはうつ病のリスクを下げる?
2018.7.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

中年期のフィットネスレベルが高いと、65歳以降のうつ病発症低下、心血管疾患(CVD)による死亡リスクが低下するようだ、という米国テキサス州ダラスにあるクーパー研究所などからの報告。晩年のうつ発症後のCVDによる死亡リスクも低下したという。

運動試験で推定された心肺フィットネスは、慢性疾患、CVDイベント、死亡率と独立して関連した変容可能なリスク要因であると報告されている。しかしながら、中年期のフィットネスレベルと晩年のうつ病の発症リスク、CVD死亡リスク、うつ病診断後のCVD死亡リスクとの関連は明らかにされていなかったという。

今回の研究は、地域ベースの予防医学クリニックにおける縦断的コホート研究である。データは1971年1月13日から2009年12月31日まで収集、2015年10月6日から2017年8月14日まで分析した。

メディケアによるフォローアップ後、うつ病診断2,701症例、うつ病を伴わないCVDに起因する死亡610症例、うつ病後CVDに起因する死亡231症例が観察された。

結果は、中年期のフィットネスレベル低い者と比し、フィットネスレベルが高い者は、うつ病のリスクが16%低下したという。また、中年期のフィットネスレベル低い者と比し、フィットネスレベルの高い者は、うつ病を伴わないCVDによる死亡リスクが61%低下した。フィットネスレベルが高い者は、フィットネスレベル低い者と比し、うつ病診断後のCVDによる死亡リスクが56%低下した。

出典は『JAMA精神医学』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  米国人のための新しい身体活動ガイドライン  
  筋力トレーニングは慢性疾患のリスクを下げるかも  
  心臓の健康を維持するのに必要な身体活動  
  立ち机は毎日の座席時間を削減し、仕事のパフォーマンスを向上させるようです  
  軽度の身体活動でもすぐに記憶機能が改善される?  
  筋力トレーニングは心血管の健康状態を改善する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報