リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  魚や豆類を食べると閉経時期が遅くなるかも
2018.7.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

魚類や豆類の多い食事は、閉経を遅らせるかもしれない。一方、米やパスタ等の精製された炭水化物は、閉経を早める可能性があるようだ。英国リーズ大学からの研究報告。

これまでに、遺伝や行動、環境要因が閉経に影響を与えることが報告されているが、幾つかの研究では食事もそのひとつに挙げられていた。

研究チームは、英国女性コホート研究参加者で、イングランド、スコットランド、ウェールズに住む35-69歳の35,000名の女性を対象とした研究を行った。

体重の履歴や身体活動レベル、出産回数、ホルモン補充療法の使用などの情報を調査した。食物摂取頻度調査票に回答してもらい、毎日食べた食品を記録し、217食品の量を推定した。4年後に、閉経した時期について尋ねた。調査開始時と4年後の調査に回答した女性は14,000人でこの中の914人は、40から65歳で自然に閉経した。
閉経年齢の平均は51歳であった。

パスタや米等の精製された炭水化物の摂取量が1人前分(=茹でパスタなら230g、ごはんなら180g)増えるごとに、生活習慣などを調整した場合でも、閉経が1.5年早まった。

逆に、魚類が1人前分(=焼き鮭なら100g)増加すると3.3年、豆類(1人前はインゲンマメの甘辛煮で135g)の場合は、1.1年閉経が遅くなった。ビタミンB6と亜鉛の高い摂取も遅い閉経と関連した。

子どものいない女性では、ブドウや鶏肉の摂取と閉経年齢の遅さに関連があった。

卵子の成熟は、活性酸素に影響を受ける。これに対抗する抗酸化物質を含む豆類を多く食べることが、閉経までの期間を延ばした可能性がある。また、油の多い魚は、オメガ3脂肪酸が多く、体内で抗酸化能を刺激する可能性がある。

早期に閉経した女性は、骨粗鬆症や心疾患のリスクが増加するが、一方、閉経が遅い女性では、乳がん、子宮がん、卵巣がんのリスクが増加する、と研究者らは言う。

ベジタリアンは多くの抗酸化物質を摂取しており、肉類を食べる人と比べて動物性脂質の摂取量が少なく、より多くの食物繊維を摂取していたが、どちらもエストロゲン値の低下と関連があり、閉経の時期に影響する可能性があると研究者は示唆している。

出典は『疫学と共同体保健雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  妊娠中の軽度の睡眠時無呼吸は血糖上昇に影響するかも  
  母乳育児は母親の心疾患リスクを下げるかも  
  多めのビタミンDは記憶を改善するが過剰摂取は禁物!?  
  結婚して幸せ? 遺伝子のせいかも  
  中年期に活動的であることは認知症のリスク低下と関連?  
  ダイエット飲料は閉経後の脳卒中と関連しているかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報