リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  ビタミンDが高い女児は強い筋肉を持っている?
2018.6.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

5歳の女児の筋力は、血中ビタミンD濃度と関連がみられるようだ、という南デンマーク大学からの研究報告。

研究チームは、血中ビタミンD濃度が高い女児はより力強いことを発見したが、男児にはこのような関連はみられなかった。

筆頭研究者のラダ・ファリス・アルジワディによれば、ビタミンD濃度の低い女児は、最も筋力の弱い1割の女児に分類されるリスクが、ビタミンD濃度の高い女児に比べて70%高かったという。

さらに、ビタミンD濃度が50nmol/L以上の女児は筋力が強い傾向がみられたが、これは男児には観察されなかった。

母親または臍帯血のビタミンD濃度にも関連は見られなかった。従って、筋力とビタミンDの関係は、出生前にプログラムされたものではないようだという。もっと直接的な関係のようだ、とアルジワディは語っている。

研究チームは、デンマークのオーデンセ小児コホートから881名の5歳児の筋力データを使用した。うち499名については血液中のビタミンD濃度が測定されていた。

低ビタミンD濃度は、血清25-ヒドロキシビタミンD濃度が50 nmol/L未満と定義した。身長、体重、体脂肪%で調整後も、関係は有意であったことから、この関係は肥満のせいではないようだという。また室内にいることが多く運動力が少ないためでもないと考えられた。

出典は『臨床内分泌・代謝学雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  母乳中の糖は妊婦のプロバイオティクスで変わる  
  間欠的な断食は肥満女性の健康を改善する  
  あなたはGoogle博士をどれくらい信用していますか?  
  喫煙、糖尿病、高血圧の女性は、男性よりも心臓発作のリスクが高まる  
  母乳哺育で母親の脂肪肝が減少?  
  母乳哺育は母親の高血圧リスクを下げる!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報