リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  脚の運動は、脳や神経系の健康に重要
2018.6.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

運動しないと筋肉が減少するだけでなく、神経系の健康も低下していくようだ、という伊ミラノ大学からの研究報告。

研究者らは、マウスを前肢は自由にしたまま、後肢を28日間拘束した。食事や毛づくろいは通常と同じように継続させ、ストレスはみられなかったという。実験終了時に、研究者らは、脳室下帯と呼ばれる脳の領域を調べた。多くの哺乳類でその領域には神経細胞の健康状態を維持する役割があるからだ。その領域にはまた神経幹細胞が存在する。

身体活動の制限は、後肢を拘束されたマウスの神経幹細胞の数を、自由に徘徊させたマウスに比べて、70%低下させたという。さらに、ニューロンと希突起膠細胞(神経細胞を支持し隔離する特別な細胞)の両方が、運動を制限されたことで完全な成熟を妨げられたことが明らかになった。

本研究結果が示しているのは、脚を使うことは、特に全体重がかかる運動を行うことは、脳が健康な神経細胞を生産するのための信号を送り、脳と神経系にとって必須であるということだという。運動を制限されると身体は新しい神経細胞の生産が困難になり、ストレスに対処したり変化に適応することを難しくするかもしれないのだという。

「神経学的な健康とは、一方通行的に脳が筋肉に、歩け、持ち上げろ、などと命令するだけではないのだ」とラファエラ・アダミ博士はコメントしている。

出典は『神経科学の最前線』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  筋肉量・パフォーマンスは「意識の方向」が左右する  
  筋トレが筋持久力を低下させるのはなぜか  
  ジョギングと5つの運動で「肥満遺伝子」に打ち勝つ  
  高齢者にレジスタンス運動が必要な理由とその具体的方法  
  AIでツイートを解析して人々の運動状況を知る  
  日常生活の中で身体活動を増やす方法  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報