リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[休養]  夜のフクロウは早死リスクが高い
2018.6.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

夜更かし族は早起き族に比べて早死リスクが10%高いようだ、という米国ノースウェスタン大学からの研究報告。

研究チームは、英国バイオバンク研究から、38-73歳の433,268名を対象に平均6.5年間の追跡調査を行った。生活パターンについては、自己記述式の質問で、「確実に朝型」「ほどほどに朝型」「ほどほどに夜型」「確実に夜型」の中から選択してもらった。

期間中に10,534名が死亡し、うち2,127名は心血管系疾患による死亡だった。データ解析の結果、確実に夜型の人は確実に朝型の人に比べて、全死因による死亡リスクが有意に10%高かったという。

また確実に夜型の人は確実に朝型の人に比べて、精神疾患の罹患リスクが高く(オッズ比1.94)、糖尿病(オッズ比1.30)、神経疾患(オッズ比1.25)、消化器疾患(オッズ比1.23)、呼吸器疾患(オッズ比1.22)も高めであったという。

出典は『寿命学インターナショナル』。 (論文要旨)      
 「休養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  適切な睡眠時間は、メタボリックシンドロームを予防するかも  
  夜型生活、わずか1日で代謝・免疫関連たんぱくを乱す  
  睡眠時間は糖質摂取量に影響する   
  睡眠時間が8時間未満の人はうつ、不安の傾向が高まる  
  魚を摂取すると睡眠やIQスコアが良くなるかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報