リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  週に4-5回の運動は、心臓の老化を遅らせる?!
2018.5.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

中動脈の硬化を最少に抑えるためには、週2-3回の運動が必要だが、大動脈を若々しく保つためには、週4-5回の運動が必要であるようだ、というテキサス大学南西部医療センター等からの報告。

様々な種類の運動は、心臓の問題による全体的な死亡リスクを減少させるが、今回の研究では、動脈のサイズにより、異なる運動量の影響を受けることが明らかにされた。

研究対象者は、60歳以上の102人であり、運動歴等を含む横断調査を行った。また、対象者全員から、動脈硬化、左心室後負荷の計測値を収集した。運動歴に応じ、4つのグループ((1)週に2回未満の運動セッション、(2)週2-3回の運動セッション、(3)週に4-5回の運動セッション、(4)週6-7回の運動セッション。運動セッションは少なくとも30分)のいずれかに分類した。

解析の結果、週2-3回の運動歴で、中動脈は若々しく保たれていたという。けれども、週4-5回の運動歴で、中動脈のみならず大動脈も若々しく保たれることがわかったという。

「今回の知見は、心臓を若々しく保つ運動プログラム開発にもつなげられることから、非常にエキサイティングである」と主任研究者のベンジャミン・リヴァイン氏は述べている。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  筋肉量・パフォーマンスは「意識の方向」が左右する  
  筋トレが筋持久力を低下させるのはなぜか  
  ジョギングと5つの運動で「肥満遺伝子」に打ち勝つ  
  高齢者にレジスタンス運動が必要な理由とその具体的方法  
  AIでツイートを解析して人々の運動状況を知る  
  日常生活の中で身体活動を増やす方法  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報