リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  大腸がんの発症に重要な役割を果たす細菌
2018.3.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

遺伝性大腸癌症候群および散発性大腸癌において、2種の細菌が一緒に働いて腫瘍形成を促進する可能性があるようだ、という米国ジョンズホプキンズ大学からの報告。

研究チームは、細菌が引き起こすバイオフィルムとがん形成との関係を調べるため、6人の家族性腺腫様ポリポーシス(FAP)患者から採取した結腸組織を調べた。

その結果、患者の約70%において結腸の長さに沿って分布したバイオフィルムの不均一な部分が示された。

研究者らは、バイオフィルムが主に2つのタイプ、バクテロイデス・フラジリス(Bacteroides fragilis)および大腸菌からなることを発見した。

FAP患者からの25のさらなる結腸検体を用いた試験から、B.fragilis株がETBFと呼ばれるサブタイプであり、結腸上皮細胞における特定の発がん性またはがん促進性経路を誘発し、結腸炎症を引き起こす毒素を産生することを示した。

大腸菌株は、DNA突然変異を引き起こす、コリバクチンと呼ばれる物質を生産した。

「これらの2つの細菌の共存が必要であり、結腸がん発症のための“パーフェクトストーム”を作り出すのはこれらの効果の組み合わせである」と研究者は説明している。両方のタイプの細菌は、一般的に世界中の幼児に定着しており、潜在的に若年者の結腸がん率の上昇に寄与しているようだという。

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  運動+緑茶エキスで相乗効果  
  病気とリスクの早期発見を目指す『健康核』  
  尿路感染症のリスク低下と関連するベジタリアンダイエット  
  血圧、コレステロール薬を開始した者は、健康的な生活をおくっていない?!  
  毎日の飲酒は脳年齢の高さに関連する?  
  亜鉛トローチは風邪の期間を短くしないようだ  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報