リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊婦の魚油とプロバイオティクスが小児アレルギーを軽減?
2018.3.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

母親が妊娠20週以降から出産3-4カ月まで継続して毎日魚油のサプリメントを摂取し授乳すると、子供の卵アレルギーが30%低下した、という英国インペリアルコレッジロンドンからの研究報告。

研究チームは、約15,000人の妊婦を含む、妊娠中に魚油サプリメントを摂取する効果を検証した19件の介入研究をメタ分析した結果、子供の1歳までの卵アレルギーの発症リスクが30%低下することを発見したという。

魚油のサプリメントで効果がみられたのはオメガ-3系脂肪酸であり、オメガ-6系脂肪酸にはアレルギーリスクに影響をもたなかった。

魚油サプリメントは、ピーナッツアレルギーに対しても効果が認められたが、それを報告した論文が2法だけであったことから、卵アレルギーに対するほどの信頼性はない、と研究チームは警告している。

研究チームはまた、妊娠36-38週以降出産3-6か月までの毎日のプロバイオティクス・サプリメントが、子供の湿疹リスクを22%低下させることも発見したという。

チームは、妊娠中のプロバイオティクス・サプリメントの効果を検証した約6,000人の妊婦を含む28件の介入研究のメタ分析を実施した。プロバイオティクスは腸内細菌のバランスに影響を及ぼす生菌を含んでいる。

用いられたプロバイオティクスは、パウダーまたは飲料(大部分がヨーグルト)だった。解析の結果、プロバイオティクスの摂取は、子供の湿疹リスクを22%低下させることが明らかになった。

出典は『プロス医学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  腸内細菌は胎児にもあった!  
  子供の偏食を治療する方法を開発  
  簡単な3つの指標で思春期の肥満発症と肥満解消が予測できる?!  
  父親の食事が子の心臓に長期的に影響?  
  自閉スペクトラム障害と体重増加は関連する?!  
  精子の質を高めるトマト由来のサプリメント  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報