リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  低FODMAP食は過敏性腸症候群の症状を緩和する
2018.2.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

過敏性腸症候群(IBS)は、糖分の多い食事を控えることで緩和することが可能なようだ、という豪州モナシュ大学からの研究報告。

IBSは先進国では10-15%の人々にみられるありふれた腸疾患であり、生命を脅かす病気ではないが、痛みを伴う腹部膨満感や下痢などの不快な症状に悩まされる。

研究チームは、いわゆるFODMAP食を避けることが、IBSの症状を抑えるというエビデンスを多く発見したという。FODMAPとはFO(醗酵性オリゴ糖類)、D(二糖類)、M(単糖類)、A(および)、P(ポリオール)の頭文字を並べたもの。FODMAPを多く含む食品として、小麦、タマネギ、リンゴ、トウモロコシなどがある。

臨床試験では、50-80%の患者にこの食事療法が有効であることが確認されており、多くの医師が患者に適用し始めているという。オーストラリアの2つのグループがFODMAP食に適合した食品の認証プログラムを開発している。

現在は、そのためのアプリも存在するとのことである。

出典は『化学・工学ニュース』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  プロピオン酸が糖尿病と肥満のリスクを高める?  
  グルコサミンサプリメントは心血管疾患リスク低減と関連する?!  
  社会経済的地位の低さと肥満との関連は、心理的メカニズムにより説明できる?!  
  肥満は都市より農村部で急速に上昇している  
  胃がんに対するクルクミンの抗腫瘍作用を明らかにする研究  
  個人別栄養は入院患者に有益性を示す  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報