(これは、第1期中期計画の食品成分有効性評価及び健康影響評価の研究成果の一部です。)

ノコギリヤシは北米南東部に生息するノコギリ状の特徴的な葉を持つヤシであり、古くからその果実の油性成分が「泌尿器系疾患に効果がある」といわれていました。近年、その科学的な検証が行われ情報も蓄積してきています。本ミニレビューでは、ノコギリヤシ果実抽出物の安全性と有効性に関する科学的な情報を紹介します。






ノコギリヤシ(Saw palmetto)の有効性および安全性について

1.はじめに

 ノコギリヤシ(学名Serenoa repens、英名Saw palmetto)は、北 アメリカ南東部に分布するヤシ科の低木です。45cm?1mほどに広 がるギザギザとしたノコギリ状の葉を付け、9月から1月にかけて 濃赤色の果実をつけます。ノコギリヤシの果実は現地先住民族の食 物であり、また民間薬として伝承され、主に男性に対する強壮、利 尿、鎮静などの効果が期待されていました。20世紀に入り、ノコギ リヤシ果実の油性成分が前立線肥大症による排尿障害の改善に有効 なことが示され、ヨーロッパでは医薬品として利用されるようにな り、ドイツのCommission E(ドイツの薬用植物に関する評価委員会 )で承認されたメディカルハーブの一つになっています(1,2,3,4,5,6)。現在、国内 でもノコギリヤシを含む種々の商品がいわゆる健康食品として流通し、利用されています。

 前立腺肥大は、精巣で生成される男性ホルモンである testosteroneの産生量が加齢とともに減少すること、また前立腺が 積極的にtestosteroneを取り込むことにより生じるとされています 。前立腺に取り込まれたtestosteroneは、5α -reductaseという還元酵素によりdihydrotestosterone (DHT)に変 化し、このDHTが増加することにより前立腺の肥大をもたらすと考え られています。前立腺肥大症にともなう症状には、排尿困難、頻尿 、腹圧排尿などがあり、症状のひどい場合には日常生活に支障を来 たし、さらに病状の悪化により腎機能低下、尿毒症を引き起こす場 合もあります。


2.ノコギリヤシの有効成分と生理活性作用

 ノコギリヤシの有効成分は主に果実に含まれる脂溶性成分です。 その成分には、遊離脂肪酸、脂肪酸エステル、ステロール類(例え ば、β-sitosterol)があります(1)。ノコギリヤシ果実に含まれる 脂肪酸やステロール類は、主にガスクロマトグラフィーで分析され ています(Institute for Nutraceutical Advancement; http://www.nsfina.org/methods/index.html )。ノコギリヤシ抽出 物の規格基準として、遊離脂肪酸の含有量70?95%を満たすものが 欧米での臨床試験で用いられています。1日に摂取する用量として は、ノコギリヤシ果実として1?2g、脂溶性抽出物として320mgが推 奨されています(1,5)。


 ノコギリヤシの主な生理活性作用としては、以下に示す抗男性ホ ルモン作用、抗エストロゲン作用(抗卵胞ホルモン作用)、抗炎症 作用などが認められています(1)。


1) 抗男性ホルモン作用
 ノコギリヤシの脂溶性抽出物は、前立腺の男性ホルモン受容体へ のdihydrotestosterone(DHT)の結合を阻害し、α1アドレナリン受 容体を阻害することが報告されています(7,8,9)。さらに、 testosteroneをDHTに変換する酵素5α-reductaseや、DHTから男性ホ ルモン誘導体への変換を触媒する3-ketosteroid reductaseという酵 素の阻害作用も抗男性ホルモン作用に関連すると報告されています (10,11)。これらの作 用は前立腺のステロイド類の蓄積を抑えるため、前立腺肥大を軽減 すると考えられています。


2) 抗エストロゲン作用
 抗エストロゲン薬は、良性前立腺肥大症患者における前立腺基質 細胞の増殖を抑制する働きをしていますが、ノコギリヤシ抽出物は 細胞質および核内エストロゲン受容体を減少させ、抗エストロゲン 作用を示すことが報告されています(12)。


3) 抗炎症作用
 ノコギリヤシのヘキサン抽出物は抗炎症作用を示すことが確認さ れています(13)。 Cyclooxyganaseおよび5-lipoxyganaseを阻害することにより、炎症 性のプロスタグランジンやロイコトリエンなどのアラキドン酸代謝 物質の生成を抑制して抗炎症作用を示すと考えられています(14)。


3.ノコギリヤシの臨床試験

 ノコギリヤシの効果として、良性前立腺肥大症にともなう排尿困 難、頻尿などの改善作用、利尿作用、抗炎症作用が期待されていま す。現在までに、多くの臨床試験が行われ、前立腺肥大症にともな う種々の症状に対して有効な作用が認められています(2,15,16,17)。以下に、臨床試験の報告例を示しました。

1)Champaultらは、110人の良性前立腺肥大症患者に1日320mgのノ コギリヤシ抽出物を4週間投与し、排尿時の痛みの減少や、夜間の 排尿回数、膀胱の残尿量の減少、特に尿流量の顕著な増加を得た。 さらに、ノコギリヤシを15?30ヶ月継続投与することにより、より 良い改善効果が得られた(13)。


2)Di Silverioらは、良性前立腺肥大症患者に320mgのノコギリヤ シ抽出物を3ヶ月間投与し、前立腺のtestosteroneの増加および dihydrotestosterone (DHT)の減少を認め、これはノコギリヤシ抽出 物による5α-reductaseの阻害に基づくと考察している(18)。


3)Romicsらは、42人の患者にノコギリヤシ抽出物を12ヶ月間投与 して、少なくとも投与6ヶ月より、残尿量、平均および最高尿流速 などの改善効果が得られ、この間に副作用は認めなかった(19)。


4)Kondasらは、38人の患者に12ヶ月間ノコギリヤシ抽出物を投与 し、このうち約3/4の患者で自覚症状の軽減が認められ、最高尿 流速が増加された一方、副作用は認められなかった(20)。


5)1098人を対象に、ノコギリヤシ抽出物320mgもしくは、5α -reductase阻害薬であるFinasteride(5 mg)を6ヶ月投与した結果、 両グループで同様に、尿流速の増加など排尿困難症状の改善が認め られた(21)。また、704人 の患者に対してノコギリヤシ抽出物320mgもしくは、α受容体遮断薬 であるTamsulosin (0.4 mg)を12ヶ月投与した結果、両グループで排 尿困難症状の改善作用が認められた(22,23)。


4.ノコギリヤシの有害作用と安全性

ノコギリヤシ抽出物による副作用としては、まれに胃腸症状(腹 痛、下痢、便秘、吐き気)、頭痛、鼻炎などが認められています (1,3,5,6)。しかし、現 時点では適正な用量の投与では健康への危害はほとんど生じていな いようです。
 医薬品との相互作用に関して、これまでに手術時の出血にノコギ リヤシが関連したという報告があり、抗凝血薬の作用を高める可能 性が示唆されています(24)。他の薬剤と の相互作用に関しては明らかにされていません。一方、ノコギリヤ シは抗男性ホルモン作用および抗エストロゲン作用を示すので、妊 娠中や授乳期の摂取は安全性に問題があると考えられます。また、 α作用薬やホルモン療法に影響を与える可能性があるため、これら 医薬品を服用している患者は医師と相談し、必要に応じて定期診断 を受けることも考慮すべきです。


5.おわりに

ノコギリヤシ抽出物は、前立腺肥大症に伴う排尿困難など種々の症状の緩和・改善に効果が確認され、生活改善薬の一つとして注目を集めつつあります。しかしながら、前立腺の肥大そのものを抑制あるいは縮小させる効果は認められていない(5)ことから、逆に前立腺がんの発見が遅れる可能性もあり、ノコギリヤシの効果に過大な期待を寄せるには問題もあります。適正な用量・用法を守り病状の変化に充分な注意を払うとともに、医師や専門家に相談するなど正しい対応をしながら利用することが重要です。
【杉山 朋美、梅垣 敬三】


参考文献
1. Saw palmetto. PDR for Herbal Medicines. Medical Economics Company, Inc. (Montvale, NJ), 2000. pp.664-667. [ISBN: 1-56363-361-2]

2. Wilt TJ, Ishani A, Stark G, MacDonald R, Lau J, Mulrow C. Saw palmetto extracts for treatment of benign prostatic hyperplasia: a systematic review. JAMA. 280(18): 1604-1609, 1998. [PMID: 9820264]

3. Ernst E. The risk-benefit profile of commonly used herbal therapies: Ginkgo, St. John's Wort, Ginseng, Echinacea, Saw Palmetto, and Kava. Ann Intern Med. 136(1): 42-53, 2002. [PMID: 11777363]

4. Wilt T, Ishani A, Stark G, MacDonald R, Mulrow C, Lau J. Serenoa repens for benign prostatic hyperplasia. Cochrane Database Syst Rev. 2000;(2):CD001423. [PMID: 10796790]

5. Saw palmetto berry. The Complete German Commission E Monographs. Therapeutic Guide to Herbal Medicines. The American Botanical Council (Austin, TX), 1998. p.201. [ISBN: 0-9655555-0-X]

6. De Smet PA. Herbal remedies. N Engl J Med. 347(25): 2046-2056, 2002. [PMID: 12490687]

7. Carilla E, Briley M, Fauran F, Sultan C, Duvilliers C. Binding of Permixon, a new treatment for prostatic benign hyperplasia, to the cytosolic androgen receptor in the rat prostate. J Steroid Biochem. 20(1): 521-523, 1984. [PMID: 6200701]

8. Goepel M, Hecker U, Krege S, Rubben H, Michel MC. Saw palmetto extracts potently and noncompetitively inhibit human alpha1-adrenoceptors in vitro. Prostate. 38(3): 208-215, 1999. [PMID: 10068345]

9. Ravenna L, Di Silverio F, Russo MA, Salvatori L, Morgante E, Morrone S, Cardillo MR, Russo A, Frati L, Gulino A, Petrangeli E. Effects of the lipidosterolic extract of Serenoa repens (Permixon) on human prostatic cell lines. Prostate. 29(4): 219-230, 1996. [PMID: 8876705]

10. Sultan C, Terraza A, Devillier C, Carilla E, Briley M, Loire C, Descomps B. Inhibition of androgen metabolism and binding by a liposterolic extract of "Serenoa repens B" in human foreskin fibroblasts. J Steroid Biochem. 20(1): 515-519, 1984. [PMID: 6708534]

11. Delos S, Carsol JL, Ghazarossian E, Raynaud JP, Martin PM. Testosterone metabolism in primary cultures of human prostate epithelial cells and fibroblasts. J Steroid Biochem Mol Biol. 55(3-4): 375-383, 1995. [PMID: 8541234]

12. Di Silverio F, D'Eramo G, Lubrano C, Flammia GP, Sciarra A, Palma E, Caponera M, Sciarra F. Evidence that Serenoa repens extract displays an antiestrogenic activity in prostatic tissue of benign prostatic hypertrophy patients. Eur Urol. 21(4): 309-314, 1992. [PMID: 1281103]

13. Champault G, Patel JC, Bonnard AM. A double-blind trial of an extract of the plant Serenoa repens in benign prostatic hyperplasia. Br J Clin Pharmacol. 18(3): 461-462, 1984. [PMID: 6207850]

14. Breu W, Hagenlocher M, Redl K, Tittel G, Stadler F, Wagner H. Anti-inflammatory activity of sabal fruit extracts prepared with supercritical carbon dioxide. In vitro antagonists of cyclooxygenase and 5-lipoxygenase metabolism. Arzneimittelforschung. 42(4): 547-551, 1992. [PMID: 1642680]

15. Gerber GS, Kuznetsov D, Johnson BC, Burstein JD. Randomized, double-blind, placebo-controlled trial of saw palmetto in men with lower urinary tract symptoms. Urology. 58(6): 960-965, 2001. [PMID: 11744467]

16. Gerber GS, Zagaja GP, Bales GT, Chodak GW, Contreras BA. Saw palmetto (Serenoa repens) in men with lower urinary tract symptoms: effects on urodynamic parameters and voiding symptoms. Urology. 51(6): 1003-1007, 1998. [PMID: 9609640]

17. Marks LS, Partin AW, Epstein JI, Tyler VE, Simon I, Macairan ML, Chan TL, Dorey FJ, Garris JB, Veltri RW, Santos PB, Stonebrook KA, deKernion JB. Effects of a saw palmetto herbal blend in men with symptomatic benign prostatic hyperplasia. J Urol. 163(5): 1451-1456, 2000. [PMID: 10751856]

18. Di Silverio F, Monti S, Sciarra A, Varasano PA, Martini C, Lanzara S, D'Eramo G, Di Nicola S, Toscano V. Effects of long-term treatment with Serenoa repens (Permixon) on the concentrations and regional distribution of androgens and epidermal growth factor in benign prostatic hyperplasia. Prostate. 37(2): 77-83, 1998. [PMID: 9759701]

19. Romics I, Schmitz H, Frang D. Experience in treating benign prostatic hypertrophy with Sabal serrulata for one year. Int Urol Nephrol. 25(6): 565-569, 1993. [PMID: 7513678]

20. Kondas J, Philipp V, Dioszeghy G. Sabal serrulata extract (Strogen forte) in the treatment of symptomatic benign prostatic hyperplasia. Int Urol Nephrol. 28(6): 767-772, 1996. [PMID: 9089044]

21. Carraro JC, Raynaud JP, Koch G, Chisholm GD, Di Silverio F, Teillac P, Da Silva FC, Cauquil J, Chopin DK, Hamdy FC, Hanus M, Hauri D, Kalinteris A, Marencak J, Perier A, Perrin P. Comparison of phytotherapy (Permixon) with finasteride in the treatment of benign prostate hyperplasia: a randomized international study of 1,098 patients. Prostate. 29(4): 231-242, 1996. [PMID: 8876706]

22. Debruyne F, Koch G, Boyle P, Da Silva FC, Gillenwater JG, Hamdy FC, Perrin P, Teillac P, Vela-Navarrete R, Raynaud JP. Comparison of a phytotherapeutic agent (Permixon) with an alpha-blocker (Tamsulosin) in the treatment of benign prostatic hyperplasia: a 1-year randomized international study. Eur Urol. 41(5): 497-507, 2002. [PMID: 12074791]

23. Grasso M, Montesano A, Buonaguidi A, Castelli M, Lania C, Rigatti P, Rocco F, Cesana BM, Borghi C. Comparative effects of alfuzosin versus Serenoa repens in the treatment of symptomatic benign prostatic hyperplasia. Arch Esp Urol. 48(1): 97-103, 1995. [PMID: 7537488]

24. Cheema P, El-Mefty O, Jazieh AR. Intraoperative haemorrhage associated with the use of extract of Saw Palmetto herb: a case report and review of literature. J Intern Med. 250(2): 167-169, 2001. [PMID: 11489067]