HOME > 調査・研究 > 栄養研関連のプロジェクトのリンク集
独立行政法人 国立健康・栄養研究所
ヘルプ
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
調査・研究
健康食品情報研究室
栄養情報技術研究室
国際栄養研究室
生物統計研究室
研修・連携推進室
エネルギー消費量の計算について
             

Q.エクササイズガイド2006は、メッツによりエネルギー消費量を計算していますが、地域の保健師さんがよくつかう 「糖尿病運動療法のてびき」 では、日本体育協会スポーツ科学委員会・運動種目別エネルギー消費量により計算されています。

 計算上、答えが違いますが、どちらが使いやすいとか、考え方が新しいとか、両者に違いはありますか?



A.エクササイズガイド2006では、メッツ値を使って 「エクササイズ (メッツ×時間) 」を計算しています。そのため、エネルギー消費量の推定も、メッツ値を用いたものを紹介しています。

 その長所としては、メッツ値が様々な活動に与えられていること、短所としては、体重当たりの酸素摂取量 → 安静時代謝量を一律に与えているので、性差・年齢差を含むエネルギーの個人差を考慮できないことなどがあげられます。

 一方、日本体育協会スポーツ科学委員会の運動種目別エネルギー消費量は、

1) エネルギー代謝率 (R.M.R. : Relative Metabolic Rate = (活動時のエネルギー − 座位安静時のエネルギー) ÷ 基礎代謝量) と、

2) 性や年齢階級を考慮した基礎代謝量の推定値

をもとにして、体重当たりで算出したもののようです。

 エネルギー代謝率は、日本独自の活動強度の指標で、きちんとした概念と測定値に基づいていますが、現代的な活動の一部が網羅できていないという欠点はあります。

 また、基礎代謝量は性や年齢階級を考慮してあります。30年以上前につくられた指標で最近は使われなくなってきましたが、いい加減なものではなさそうです。

 このようおに、両者には一長一短がありますが、いずれも、おおよその平均値であり、計算した値通りになるとは限らず、個人差がみられます。

 その点を留意した上で、ご使用下さい。【田中茂穂】



      >>もどる

(c) All Copyrights reserved 2001-2011 National Institute of Health and Nutrition
2011年4月5日更新