HOME > 調査・研究 > 栄養研関連のプロジェクトのリンク集
独立行政法人 国立健康・栄養研究所
ヘルプ
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
調査・研究
健康食品情報研究室
栄養情報技術研究室
国際栄養研究室
生物統計研究室
研修・連携推進室
エネルギー消費量の総量と正味量について
             

Q.エクササイズガイド2006では、「メッツ・時」に体重をかけると、ほぼエネルギー消費量が計算できるから便利であるといいます。しかし、一方ではエクササイズ (メッツ・時) をエネルギーに換算するときは、安静時代謝に相当する1メッツを引いて計算するといいます。

 これは運動総量と正味量の違いであると理解できます。これらをどのように使い分けたらよいか教えてください。2つの計算方法があって迷ってしまいます。



A.実際にエネルギーを考慮する場合は、後者になります。2つの計算法の意図については、まさしくご指摘のとおりです。

 エネルギーの総量を知りたい場合は、例えば、その数十分〜数時間、ひいては一日のエネルギーから、「どのくらい食べたらよいか」を考えたい時に使いたくなるのではないかと思います。

 一方、減量のペースを考えたいときは、安静時からの付加エネルギーを推定して、例えば、「一回300kcal くらいの+αなので、20数日で体重1kg程度の減量が期待できる」 といった使い方になると思います。

 ただ、これら2つのうち、前者の方法は、現実としてはあまり必要性がないのではないでしょうか?

 実際にエネルギーを考慮する場合には、後者になるのではないかと思います。もっとも、あくまでも目安になりますので、実際の体重の減少量で確認しながらになりますが。【田中茂穂】



>>もどる

(c) All Copyrights reserved 2001-2011 National Institute of Health and Nutrition
2011年4月5日更新